美容と医学

9 12月 2015 ジェーン


鍼灸の鍼を刺してもらう、というフィジカルな程よい無数の刺激は、神経細胞を目覚めさせ、神経インパルスと称されるいわば電気信号の化学伝達を誘発するという見方が浸透しています。

ピリドキサールには、かの有名なアミノ酸をトリカルボン酸回路と呼ばれるエネルギー源を燃やすのに欠かせない回路に取り込ませるために更に細分化することを促進する機能もあります。

内臓に脂肪が多く付いた肥満が確認され、油脂の摂りすぎなどによる「脂質過多(ししつかた)」、塩分の摂りすぎなどによる「高血圧(こうけつあつ)」、高血糖(こうけっとう)のうち2個以上に相当するケースのことを、内臓脂肪症候群、またの名を「死の四重奏」と名付けました。

むねやけが主訴である逆流性食道炎は、食事内容が欧米化したことや喫煙・お酒を飲むこと・体重過多等のライフスタイルの悪化、ストレスによって、ことさら日本人に多く発生している疾患の一種です。

虚血性心疾患の心筋梗塞というのは心臓の周りにある冠動脈の動脈硬化によって血液の通り道である血管の中が狭くなって、血流が途絶え、欠かせない酸素や栄養を心筋に送ることができず、筋線維そのものが壊滅状態になってしまう大変怖い病気です。

日々繰り返される折り目正しい生活の維持、腹八分目の実践、適切な運動や体操等、古典的とも思える自分の身体へのおこないが皮ふのアンチエイジングにも関係するということです。

2005/02/01から新しくトクホ(特保)の入れ物において「食生活は主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを」の注意喚起の文言を表記すること食品メーカーに義務付けられた。

触れ合うことで、本人が犬のことを愛おしいと感じることによってホルモンのオキトキシンが多く分泌されれば、ストレスを軽くしたりヒーリングに繋がっています。

近年患者数が増加している花粉症とは、山の杉や檜、蓬などの飛散するタイプの花粉が誘因となって、くしゃみ・目や皮膚のかゆみ・頭重感・微熱・鼻づまり・鼻みずなどの辛くてゆううつなアレルギー症状を引き起こす病気だといえます。

吐血(とけつ)と喀血(かっけつ)は口から血を吐くことですが、喀血は喉から肺を通る気道(呼吸器の一種)から血が出ることであり、吐血は無腸間膜小腸より上部にある食道などの消化管から血が出る症状を表します。

急性腸炎(acute enteritis)は、ほとんどの場合腹痛・悪心・腹下しに見舞われる程度ですが細菌感染による腸炎の場合は壮絶な腹痛・ずっと続く吐き気・繰り返す嘔吐・止まらない下痢と一緒に高熱も出るのが見分けるポイントだといえます。

食中毒を起こすことで知られるブドウ球菌(ぶどうきゅうきん、staphylococcus)はグラム染色で紫になるグラム陽性球菌で、毒が極めて強大な黄色ブドウ球菌(おうしょくぶどうきゅうきん)と毒の低いコアグラーゼ陰性ブドウ球菌(coagulase-negative staphylococci、CNS)の2種が挙げられます。

ミュージックライブのおこなわれる会場やクラブハウスなどに据えられているすごく大きなスピーカーの近くで爆音を浴びて難聴になる症状を「急性音響性障害(きゅうせいおんきょうせいしょうがい)」と言っています。

若年層で結核菌に対抗するだけの免疫(抵抗力)を持たない人達が増加していることや、早合点のせいで受診が遅れることなどが原因の集団感染(アウトブレイク)や院内感染の発生頻度が高くなっているようです。

基礎代謝(Basal Metabolism)とは人間が動かなくても燃焼する熱量のことで、そのほとんどを全身の骨格筋・最も大きな内臓である肝臓・大量の糖質を必要とする脳の3種類で消費していると考えられています。